社会福祉法人すいせい

社会福祉法人すいせい

お知らせ

20.04.01
お知らせ

障害者の新たな働き方として「超短時間雇用」で朝日新聞に掲載されました

2020年4月1日発行の朝日新聞朝刊に、神戸市より受託しすいせいが運営している「しごとサポート西部」が取り組む、超短時間雇用について掲載いただきましたのでお知らせいたします。
 
超短時間雇用とは、東京大学・先端科学技術研究センターの近藤武夫准教授が提案され、東京大学・神戸市・すいせいが共同で実施している事業です。
しごとサポートでは、障害特性やその他の様々な状況から働きづらさを感じる方向けに、週20時間未満の固定化された業務の創出などのコーディネートを行っています。
 
今回朝日新聞に掲載された記事では、「1日1時間から、障害者の新たな働き方広がる」と題して、超短時間雇用でご活躍中の、すいせいの通所事業所元利用者様への取材を中心に、超短時間雇用の実例をご紹介いただきました。
 
朝日新聞ホームページにも記事が掲載されておりますので、ぜひご覧ください。
 
■朝日新聞デジタル
1日1時間から、障害者の新たな働き方広がる 神戸市
 
記事画像リンク
 
●関連情報
東京大学WEBサイト
「超短時間労働」で障害者雇用を多様化する 1日15分からでも企業で働けるモデルの研究、社会実装
神戸市「超短時間雇用の創出に向けて」(PDFファイル)
しごとサポート西部
共生社会を考える研修で「超短時間雇用」について発表しました
1日4時間以下で働く「超短時間雇用」とは?障害者雇用の新しい形をご紹介

お問い合わせ・ご相談は、お気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ先

078-704-6262

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

メールフォームからのお問い合わせは24時間対応です。 ご連絡先をご記入いただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

神戸市垂水区御霊町6番10号 〒655-0024  アクセスマップ