社会福祉法人すいせい

社会福祉法人すいせい

スタッフブログ

すいせいの個性豊かなスタッフが
自由に日々の気付きをお届けします。

消えゆく身体測定の種類

こんにちは。就労移行支援事業CASTビジネスアカデミーの堀です。
先日、健康診断を受けに行った際に、『そういえば大人になってから座高測定ってやってないなぁ』と思い、調べてみました。

小学生の頃、身体測定で計測していた座高測定。胴が思っていたより長く、ショックを受けたことを覚えています。
そんな座高測定が、なんと今年度をもって廃止になるそうです。
そもそも、座高測定は内臓の発育を確認することを目的に、1937年から始まったそうです。
・上半身と下半身の長さのバランスをみることで、子供の発育状態が測定できる!
・おまけに学校で使用する机や椅子の高さを決めるのに役立つ!
として続けられていました。

『座高が高い→内臓がしっかり成長している→健康』から、成長期である小学生時代だけ測定していたようです。

でも、学校現場からは
・子供たちの健康管理と座高の関係が分かりにくい!
・机や椅子の配備にも役立っていない!
と言われ続けていたそうです。そして、ついに廃止となってしまったんですね。

ちなみに、H25年度に平均は70.2cmで、S33年度に比べ2.2cm伸びているそうです。
ほかにも、必要ないと消えていく身体測定の種類が増えてくるかもしれませんね。

投稿者: 堀

お問い合わせ・ご相談は、お気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ先

078-704-6262

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

メールフォームからのお問い合わせは24時間対応です。 ご連絡先をご記入いただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

神戸市垂水区御霊町6番10号 〒655-0024  アクセスマップ