社会福祉法人すいせい

社会福祉法人すいせい

スタッフブログ

すいせいの個性豊かなスタッフが
自由に日々の気付きをお届けします。

19.11.21

プログラミング学習で身につく3つの能力とは?仕事としてやってみよう!

はじめまして。就労移行支援事業所EnTry(エントリー)職員の庄司と申します。
今回は、プログラミング学習で身につく3つの能力について、簡単にご説明させていただきます。
 
2020年、小学校で教育が必修化になる「プログラミング」、世間での注目度が上がっています。
・そもそもプログラミングって何?
・プログラミングを学ぶ意味があるの?プログラマーになりたい人だけ勉強すればいいのでは?
と疑問ですよね。

プログラミングとは?
簡単に言うと、
「機械に仕事(処理)をしてもらうために、機械が理解できる言葉を使ってメッセージを作る」
ということです。
 
プログラミングを学ぶことで身につく能力は、3つあると思います。
 
①論理的思考能力
機械に送ったメッセージは、必ず順番通りに動きます。
そのため、順番を間違えると、思った通りに動いてくれません。
きちんと順番を考えてメッセージを作っていく、論理的思考能力が高まります。
 
②問題解決能力
自分のしたい処理を実現するために、何が必要なのかを考える・調べることで、問題解決能力が養われます。
 
③創造力
問題を解決する答えの導き出し方は、幾通りもあります。
「枠組みにとらわれず、自由に考える力」、創造力が養われます。
 
プログラマーにならなくても、様々な仕事に活かしていける能力ではないでしょうか。
 
 
今回は、プログラミングで学べること、身につく3つの能力について、ご説明させていただきました。
 
就労移行支援事業所EnTryでは、プログラミングの時間があります。
利用者さんに、単にプログラミングを学ぶ「学習」だけではなく、実際に活用できるよう、実務的な「仕事」をしていただいています。
例えば、EnTryや、すいせいの様々な事業所で実際に利用するプログラムを、利用者さんに作成していただきます。
練習問題ではなく、実際に使うプログラムを作成すると、「3つの能力」もさらに身につきます。
また利用者さんには、打ち合わせから納品まで担当していただきます。
プログラムを完成する達成感だけでなく、納品時に受ける感謝の言葉などから、仕事をする喜びも知っていただく機会になれば、と考えています。
 
ご興味がありましたら、ぜひ見学してみてください。
就労移行支援事業所EnTryまで、お問い合わせお待ちしています。
 
ありがとうございました。

投稿者: 庄司

お問い合わせ・ご相談は、お気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ先

078-704-6262

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

メールフォームからのお問い合わせは24時間対応です。 ご連絡先をご記入いただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

神戸市垂水区御霊町6番10号 〒655-0024  アクセスマップ