社会福祉法人すいせい

社会福祉法人すいせい

ケーススタディ

法人を運営していくために必要なもの

法人を継続的に運営していくためには、「理念」とともに「資金(お金)」も必要です。

その継続運営していくための「資金(お金)」は、法人に対しての「ありがとう」という感謝が変形したものだとよくいわれます。

良いサービスをしてくれて、ありがとう
職員が利用者さんのことを第一に考えてくれて、ありがとう
企業から作業をいただくことができて、ありがとう
利用者さんが自立をしてもらうためにいろいろ考えてくれて、ありがとう

職員が利用者さんの見本(身だしなみ・笑顔・穏やかな話し方・TPO)となってくれて、ありがとう
職員それぞれが積極的に、人の嫌がることを自ら行ってくれて、ありがとう
職員同士、お互いに協力しチームとして仲良く仕事をしてくれて、ありがとう
職員一人一人が責任を持ったうえでチームで仕事をしてくれて、ありがとう
効率よく仕事を管理・遂行してくれて、ありがとう
コスト意識を持ったうえで付加価値を生む仕事をしてくれて、ありがとう
健康に留意して毎日元気に仕事をしてくれて、ありがとう
職員一人一人が持っている知識をすいせいのチーム力向上のために活かしてくれて、ありがとう
利用者さんにほんの少しだけ踏み込んで寄り添って支援をしてくれて、ありがとう

旦那(奥さん)がちゃんと給料を持って帰ってきてくれて、ありがとう
お父さん(お母さん)がちゃんと給料を持って帰ってきてくれて、ありがとう

いろいろな「ありがとう」を今後も増やしていければと思います。

総務部 かなや

投稿者: かなや

お問い合わせ・ご相談は、お気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ先

078-704-6262

受付時間 9:00~17:30(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

メールフォームからのお問い合わせは24時間対応です。 ご連絡先をご記入いただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

神戸市垂水区御霊町6番10号 〒655-0024  アクセスマップ